ブログ

「行政書士の仕事」その3

Share on Facebook
LINEで送る

私の仕事の中に「入札参加資格申請」という業務があり
ます。
「入札参加資格申請」とは、業者が国・都道府県・市町
村等の各自治体の発注する工事や物品・測量等の入
札に参加するためあらかじめ希望する官公庁の有資格
者名簿に登載してもらうための審査を申請することです。
現在、東京都単独と東京電子自治体(東京都以外の東
京23区及び東京都の各市町村が加盟している自治体)
国立市は未加盟では、ICカード(電子証明書)を使用し
たインターネット申請が行われています。
入札参加資格申請の有効期間は(工事・物品)東京都
単独では2年間、東京電子自治体は毎年継続申請と
なっています。その入札参加資格申請を業者の代理で
行政書士が申請することができることになっています。
その前提になるのは、工事申請のみ経営事項審査を
受けていること。又法人税や法人事業税、消費税の納
税を済ませていることが(工事・物品)共通に必要なこと
で、未納税分がありますと、入札資格者として登録が出
来なくなります。有効期間内のICカード(電子証明書)を
取得・登録していることも必要なことでその準備もしてお
かなければなりません。ICカード使用のパソコン環境は
、Windows7、IE9、Java実行環境、JRE6.0_41バージ
ョンとなっておりますが時間の経過とともに使用環境が
変わっていきますので注意が必要です。業者とパソコン
環境を同一にしませんとエラーの原因になりますので擦
り合わせをしておくことも大事です。
電子入札については業者がしますので、割愛します。

0913.jpg

0913.jpg