ブログ

平成27年1月7日「新年が明けて最初の投稿」

Share on Facebook
LINEで送る

遅くなりましたが、新年明けましておめでとうございます。今日は日本の多くの家庭で七草粥を食べたのではないかと思います。
正月七日に無病息災を祈って、春の七草(セリ、ナズナ、 ゴギョウ、ハコベラ、ホトケノザ、スズナ、スズシロ)を入れて炊いた粥。
正月に疲れた胃腸を整えるためとビタミン不足を補うために食べるそうです。我が家でも食べました。中々美味しかったです。
事務所も5日から仕事初めでした。去年の仕事が残っていましたので、帳簿の整理や1年間の集計等までは手が回りませんでした。
昨日は国土交通省関東整備局から電話があり、昨年提出した顧客の役員変更届が取締役就退任より1年以上経っていたので「顛末書」を提出してくださいとの電話がありました。
「顛末書」は今まで1回しか提出したことがありませんでしたから、その文面構成を色々考えてやっと作成しました。
「始末書」「理由書」「上申書」は昔はよく提出させられましたが、最近は少なくなっています。
今日は昨年行く予定だった顧客のところへ午前10時にお伺いしました。会社の決算変更届ですので、工事経歴と決算書の写しを預かり申請書と法人事業税納税証明書取得の委任状に代表印を押印、報酬も前払いで頂きました。社長のお母さんと1時間ほど世間話をしてその後すぐに、小平都税事務所へ向かい法人事業税納税証明書を発行して貰い事務所に戻ってきました。
午後は、大臣許可の顧客で、鹿児島営業所管内の町役場より建築大規模修繕工事を発注したいので、入札参加資格審査申請書を早めに提出して欲しいとの話が鹿児島営業所長にあったそうです。昨年12月半ば過ぎに大阪支店の取締役総務副部長からその話の内容の連絡あり、私にその書類作成をお願いしたいとのことでした。
それを早くしなければと思い、その町役場のホームページを開き申請書等をダウンロードし、必要書類を見たところ、曖昧な書類一覧が書いてありましたので、確認の電話をしました。担当者も内容をよく把握していない様子で、こちらが経営事項審査の説明や書類の具体的な中身を説明することになってしまい、それでいいですよとの回答でした。
さっそく経営事項審査結果通知書が公表されているホームページを閲覧したところ、経営事項審査結果通知書が公表されていなかったので、途中までしか作成できませんでした。
大阪支店には鹿児島市の市民税納税の未納がない証明書を取っていただくようお願いし、写しで良いことを確認したので事務所へその書類をFAXして貰うように連絡をしました。そんな慌ただしい事柄に追われて、7時半過ぎになっていました。
今日の教訓「追われて仕事をする段階から早く脱け出して追いかける仕事への転換を図る」余裕を持って仕事をしたいですからね。
wb_thum_1412098591014.jpg